JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE 2016年10月22(土)23(日) 栃木県・宇都宮市

■出場パワプロサポーター

宇都宮BLITZEN、TeamUKYO、弱虫ペダルシクロクロスチーム、LiveGARDEN BICI STELLE、JAPANナショナルチーム(愛三工業・伊藤雅和、中根英登)

■来場人数

2日間・延べ135,000人

■大会レポート1

栃木県宇都宮で開催された「第25回記念 2016ジャパンカップサイクルロードレース」は、10月22日は市内大通りで「クリテリウム」、23日は宇都宮市森林公園で「ロードレース」が開催された。 秋晴れの快晴の中、クリテリウムは5万人の観客の中、今年は、UCI(国際自転車競技連盟)のトッププロ6チームを含む16チーム(+クリテリウムスペシャルチーム)が参戦し、リオ五輪の金メダリスト ファビアン・カンチェラーラ選手(トレック・セガフレード)が出場し、昨年のジャパンカップを制したチームメイトとともに、現役最後のレースに臨んだ事で更に注目を浴びた。

■スタート



■宇都宮森林公園をステージに白熱のロードレース



■大会レポート2

翌日のロードレースは8万5000人と過去最高の来場者を記録し、パワプロサポートチーム・選手も多数出場、また同時開催のブースゾーンでは、パワプロブースを始め物販ブースも盛況で大いに盛り上がった。





■宇都宮BLITZEN&LiveGARDEN BICI STELLE



■愛三工業の伊藤選手・中根選手は、JAPANナショナルチームの一員として出場



■トライアスロン村上塾の未来のJAPAN選手達



■「オキシドライブ」を中心に大盛況のパワプロブース



■間もなくゴールに注目が集まる!



2016ジャパンカップサイクルロードレース ホームページはこちら
http://www.japancup.gr.jp/2016/news


グリコ「パワープロダクション」は、このような「サイクルロードレース」も含め、様々なイベント・競技・大会をサポート。今後も様々なレポートを順次アップしていきます。

戻る