Mt.富士ヒルクライム2017 2017年6月10日(土)~11日(日) 山梨県・富士北麓公園

■参加人数

10,800人

■イベントレポート

• 第14回を迎えた、Funride主催の日本最大級のヒルクライムレース。グリコPOWER PRODUCTIONは第1回から14年連続で協賛。14回目の今年、ついに出場者が10,000人を突破した事は、主催者と同じく感慨深い。コースは、富士北麓公園をスタートし、富士山五合目をフィニッシュとする距離25km(計測部分24km)、標高差1,270m、勾配平均5.2%・最大7.8%である。 何よりも、今年は前日、当日共に雨も降らず青空の中、富士山が顔を見せてくれて気持ちの良い富士ヒルとなった。
• POWER PRODUCTIONは、大会前日の「サイクルエキスポ」ブースでの販売をベースに、今年は様々な新しい取り組みがあった。大会前から、funrideWebでのタイアップ企画【レジェンド対決 by POWER PRODUCTION】として、今中大介VS片山右京 Mt.富士ヒルクライム2017 真っ向勝負の行方は…という内容で、POWER PRODUCTIONの呼吸持久系「オキシドライブ」を大会1ヶ月以上前からローディングし、それ以外のサプリメントも摂取し、本番に向けてガチンコ対決となった。
• 更に「サイクルエキスポ」ブースでは、販売とは別に特設ブースにて《SnSnap》を導入し、出場者が「#パワプロ富士ヒルクライム2017」を付けて、ツイッター、インスタグラムに投稿すれば、富士ヒル限定の記念写真(特製カードフォルダー付)をプレゼント!多くのサイクリストの方々に来て頂いた。
• それ以外にも、恒例となったステージでのチームパワプロ「サプリメント摂取講座」。そして大会当日、3km地点で、パワプロサポートアスリートの、LOICX GIRLS(プロチアダンスユニット)による応援等々。内容が盛りだくさんだった富士ヒル2017となった!

■大会前日のサイクルエキスポ風景



大会前日のサイクルエキスポでは、パワプロ販売ブースが例年を凌ぐ大盛況。パワプロユーザーも登場「ハイ、ポーズ!」


■《SnSnap》特設ブース



同じく大会前日のパワプロブースの隣りでは《SnSnap》特設ブースで、記念になる特製カードフォルダー付の記念写真をプレゼント!こちらにも多くのサイクリストが集結。


■大会前日の恒例、チームパワプロ「サプリメント摂取講座」も盛況!



大会前日の恒例、チームパワプロ「サプリメント摂取講座」では、前日の夜から大会当日の朝~夜までの具体的なパワプロオススメ摂取法をステージで披露。


■注目の【レジェンド対決 by POWER PRODUCTION】今中大介VS片山右京!



大会当日は、注目の【レジェンド対決 by POWER PRODUCTION】今中大介VS片山右京は、片山右京氏の数日前の練習時の転倒でベストコンディションではなく、今中大介氏の勝利!ただし、次に向けてお互いベストコンディションでの勝負が注目される。ゆかりーなこと平野由香里氏も2回目の富士ヒル出場!チームパワプロからも2名出場した。


■ヒルクライマーを支えるパワープロダクションシリーズ



多くのヒルクライマー達のスクイズボトルはパワプロオリジナルボトルが目立ち、CCD、クエン酸&BCAA、オキシドライブ等のユーザーも多く見受けられた。


■LOICX GIRLS(チアダンスユニット)が応援!



パワプロサポートの、LOICX GIRLS(チアダンスユニット)から今年は2名、昨年に続き、富士ヒル応援団として、一合目の3km地点で、出場者の皆様を応援。元気と笑顔を与えた。


Mt.富士ヒルクライム2017 ホームページはこちら
http://www.fujihc.jp/


グリコ「パワープロダクション」は、このように「Mt.富士ヒルクライム2017」のような大会・イベントにも協賛・出店し、今後も様々なレポートを順次アップしていきます。

戻る